災害に強く地震にも負けない!家族に安心をもたらす耐震住宅の豆知識を解説

日本は地震大国でもありますし、その対策をしなければなりません。
住むエリアを考えることも大事ですが、代々受け継がれた土地ともなれば、後は住宅を考えることが必要となります。
そこで地震に強い家にするのであれば耐震住宅にこだわって建てていきましょう。
様々なハウスメーカーで企画されていますし、実験なども沢山行われてその分野の研究も盛んにされている会社を選ぶというのがお勧めです。
シリーズ化されている所も多いです。

災害に強く地震にも負けない!家族に安心をもたらす耐震住宅の豆知識を解説

災害の中でも地震も防ぎようがなく、住む場所が無くなってしまうというリスクを防ぐためにも耐震住宅かどうかというのは重要なポイントとなってきます。
注文住宅であれば最初の段階から耐震住宅の設計をしていくことが求められます。
分譲である場合は、耐震住宅であるか震度いくつまで耐えられるのかなど実験がされていてまとめられているものを参考にして選んで行きましょう。
防げない自然災害においては、備えておくことが重要です。

地震から家族の生命や財産を守る耐震住宅とは

耐震住宅とは、地震の揺れに強い構造を持っている住宅を指します。
揺れを軽減する耐震住宅とは、大地震が発生した際に家族や財産を守れる住宅とも呼ばれています。
耐震住宅には様々なメリットがあり、建築基準法で定められている耐震基準を守ると一定の耐震性を保てます。
日本では耐震基準の見直しが行われ、耐震基準の他に住宅性能表示制度も利用できます。
共通の基準によって住宅の性能を評価する住宅性能表示制度を活用すれば、耐震性の高さを見極められます。
耐震構造では、垂直方向の骨組みを補強して水平方向の力に対する抵抗力を強化します。
住宅の耐震性を高めるには、基礎部分の構造も重要になります。
自宅が耐震住宅だと、災害対策に必要な費用を安く抑えられます。
台風や強風に対する揺れも減らし、設置制限がないので地下室の設置も可能です。
水平方向の揺れに耐えられるようになると、強風の被害を最小限に抑えられます。
自由に設計できるため、注文住宅の場合は理想の家を実現できます。

住宅を建てるなら耐震住宅を選ぶメリット

住宅をこれから建てる方は、耐震住宅にすることは非常に重要な条件にすることができます。
国内では大地震が全国各地で発生しており、その度に住宅が倒壊してしまうことも多々あります。
最新の家の事情では多くの方が耐震性を気にするようになり、ハウスメーカーや工務店では独自の技術によって耐震住宅を建てているので会社選びも重要です。
耐震強化することはメリットしか感じないことになり、逆にデメリットは殆どありません。
耐震住宅は震度7でも倒壊しないように計算の上で建てられていることが多いので、まずは家族揃って安心できる住環境にできる利点もあります。
地震が起きる度にビクビクするような家では、不安を感じることでストレスを感じてしまう問題も出てしまうので、耐震住宅であれば揺れを感じたとしても倒壊しない安心感を常に感じ取ることができることは家族のメンタルにも良い影響を与えます。
施工会社によって耐震方法は異なるものなので、家を建てる際には最初に確認をする項目にしておくと万全です。

建てる前に確認しておく耐震住宅のデメリット

大きい地震を前にして、慌てるのはあまり良いこととは言えません。
ある程度自分達で大きい地震が来ることを想定しておくのが日本人らしさといえます。
実際に過去には大きな地震が想定外の場所で起こっていることを考えれば、現在住んでいる場所でも例外なく起こることが考えられます。
もし住宅を所有している場合には、耐震住宅などにしておくことを考えておかなければいけません。
耐震住宅は、巨大地震に対して対応できると言う事にメリットがある反面、全くデメリットがないわけではありません。
その1つは、耐震といっても地震の揺れを吸収するわけではないことです。
ダイレクトに揺れを受け取ってしまうため、建物はすぐに崩れないかもしれませんが大きなダメージを負っている可能性があります。
特に、震度7レベルが数回連続で発生した場合には耐えられない可能性があるでしょう。
いくらヘルメットをかぶってバイクを運転しても、何度も自動車にぶつかってしまっては無事では済まないのと同じようなことです。
事前にそれを確認しておくことが必要になります。

耐震住宅なら実績豊富で強みにしている不動産会社

地震国である日本にとって、耐震住宅は必要不可欠であると言っていいです。
耐震住宅には補助金を出す自治体が増えてきていますから、考えるうえで大切なことなのです。
今や多くの家には建てる前に耐震性をチェックするようになっていますから、軟弱な土地に建てることはできないのです。
それにプラスして耐震を謳った住宅が増えてきて、結果的にこのような住宅が増えてきました。
不動産会社にたずねると、そのような住宅を斡旋することが少なくないようです。
国が今や耐震を勧めていますから、必然的に耐震になることもあります。
多くの地震が多発する今日、耐震を考慮することは、夢のマイホームづくりの参考になると言ってもいいです。
家の造りや間取りは大切ですが、いかにして地震に強い家であるかです。
一生住む家になるわけですから、必要であることは当然なのです。
予算的なことをよく考えていきながら、どのような耐震がいいのかを勘案していきましょう。

不動産業界で需要が伸び続けている耐震住宅

不動産業界にもブームがあり、需要が伸びている分野がありますが、耐震住宅は特に伸びています。
耐震住宅はネーミング通りに耐震性能に優れている特徴があり、地震大国の日本では大きなメリットがあります。
地震が発生したときに揺れを吸収するような力があるので、普通の住宅では倒壊をするような地震でも耐えることが可能です。
耐震住宅の需要が伸びている理由としては、大きな地震が発生するリスクが高まっていることが該当しています。
地震は一度発生したら終わりではなく、過去に発生した場所でも再び発生することがあります。
震度7などの大地震が起きたときでも耐震住宅であれば、耐えることができる可能性が高いので、大切な住宅を失わずに済むと考えられます。
住宅は高い買い物になりますから、倒壊をするような事態になると大変ですし、住宅が倒壊すると生活をしている家族にも被害が発生する危険性があるので注意が必要です。
建物だけでなく大切な家族の命を守るためにも、耐震性に力を入れている人が多いのだと考えられます。

耐震住宅で使われる免震や制震技術

耐震住宅の精神技術は様々なものがあります。
コストをかければかけるほど制振技術は高く耐震性に優れているのです。
最近は耐震性が購入の観点となっており各社いろいろな構造を有しています。
まずは、木造建築におけるもので、組んでいる箇所にボルト締めを増やしたり、金具補強をしています。
また、鉄骨と組み合わせることで崩れないように強化しているのです。
耐震住宅でリーズナブル化構造としてラバーを敷きます。
基礎と建物の間にクッションのような素材を引くことで振動を緩和する効果があります。
高級なものとなるとダンパーを基礎に取り付けます。
エアーや油圧により強力なクッションとなり基礎が揺れても、建物は振動を軽減する効果をもたらすのです。
ゴムのような強力な免震構造を有しているものがあります。
実際に動画や実物を見て確認することがポイントで体感できるイベントもあるのです。
こうした商品には品質保証が重要で証明書を取っておく必要があります。

台風の被害も防いでくれる耐震住宅

耐震住宅は名前のとおり地震に強い住宅です。
鉄筋コンクリートや鉄骨を使った住宅が多く、木造軸組であっても耐力壁や筋交いを多用しています。
耐震住宅を手掛けるハウスメーカーは、耐震試験を行って構造の頑強さを確かめています。
その強さは台風や竜巻に対する防御力も担保するものです。
地震も台風も住宅の構造を歪める方向に力が働きます。
そして住宅が振動し、歪みを増幅させていくと耐えきれなくなり倒壊してしまうのです。
地震に耐える能力と台風に耐える能力は似たものであり、台風耐震住宅を求めると、自然と耐震住宅に行き着くでしょう。
構造だけでなく窓の強度を求めると、耐震住宅の素晴らしさを理解するはずです。
地震に襲われても割れにくい窓は台風被害を防ぐのにも役立ちます。
ほとんどは強化ガラスであり、強い衝撃を受けても割れない作りになっています。
近年はUVカットや樹脂フレームなども流行しており、耐衝撃以外の性能を加えることも可能です。

耐震住宅が倒壊を免れる地震の震度

地震が多い日本は、地震に強い建物であることが重要です。
そのため耐震住宅は必要不可欠ですから、耐震性を調べてもらうことは当然なのです。
耐震住宅が増えてきている現在、いろいろな研究が成されてきており、そのことが家づくりのノウハウになっています。
家だけではなく大きな倉庫も属してきます。
今の家だと震度6までは大丈夫だと言われていますが、耐震住宅は心臓7までと言われています。
今後さらに大きな地震にも耐えることができるような研究が成されていますから、さらなる強度あるものが登場してくるのは間違いないです。
一生住む家ですから丈夫であることは確実なことであり、寛ぎある空間を占めることもいいのです。
どのような造りにするかは設計士さんとよく話し合ったほうがいいです。
自分の意見を取り入れてくれるようにお願いしてみてください。
後悔しないためにも時間をかけて納得するまで話した方がいいです。
そうすることで夢のマイホームが出来上がります。

リフォームでも実現できる耐震住宅

古い時代に建てられた住宅の中には、耐震性能が万全ではなく頻発する大地震に対して耐久性が乏しいという住宅も数多くあります。
この場合は建て替えで耐震住宅にする方法だけではなく、リフォームによって耐震住宅へと変える方法もあります。
数々の技法がありますが壁の内部に金属製の筋交いやダンパーなどを導入する方法もあり、外壁を揺れから守ることや揺れを吸収するような施工法も各社で採用されています。
屋根裏には住宅の柱と梁、屋根部分を支える木材が組み合わさっている場所になりますが、木材同士が固定されている部分に厚みのある金属製のパーツをボルトで固定をする方法で耐震能力を高めることも行われています。
住宅の形状や階数などによる違いはありますが、木造住宅の場合では外壁の外側に対して鋼材を使った家全体をカバーする方法もあります。
鋼材の場合は外観の見た目が良くないと感じることは多いのですが、耐震住宅をリフォームで施工するにはかなりの効果を発揮します。