耐震住宅で採用される耐震性を高めるための仕組み

耐震住宅で採用される耐震性を高めるための仕組み

大きい地震に対応するために、耐震住宅にする人が増えてきています。日本に住む以上は、巨大地震に備えておかなければいけませんがもちろん既に外国に比べるとかなり揺れに強い建物を設計しているのがこの国の建物の特徴です。しかし、だからといって全ての建物が安全と言うわけではありません。建築基準法等で、必要最低限の耐震性を定められていても、あくまで必要最低限のものであり絶対に耐えられる保証はないわけです。 そこで耐震住宅を建築するならば、それを高める仕組みを理解しておかないといけません。一番理解をしておかなければいけないのは建築会社の方ですが、できればこれから耐震住宅を建築したいと考えている人も基本的な部分は頭に入れた方がいいです。例えるならば、高校受験を息子がするのに親が全く受験の知識がないのと、ある程度知識があるのでは進路の選択の仕方に違いが出ることと同じといえます。あまり難しいことを知る必要はありませんが、現在どのような耐震住宅があるのかは知っておきたいところです。

選ぶ工法によって性能が異なる耐震住宅について

大地震に襲われても住宅を失わないよう、耐震住宅を選ぶ人が多いです。その性能については住宅の工法によって大きな差がありますから、しっかり把握する必要があります。 日本の一戸建てで最も多いのは木造軸組です。柱と梁で骨格を形作るタイプです。現在の住宅はそれに耐力壁や筋交いが入ることで変形がしにくい、つまり地震に強い耐震住宅になります。柱と梁、筋交いの接合部分に金物も使います。接合金物で強度を高める耐震住宅は金物工法と呼ばれることもあります。 工場で生産した壁を組み合わせて作るのがツーバイフォーあるいはツーバイシックスと呼ばれるタイプです。規格材を使っていることからこの名前になっています。一般的には木造軸組よりも耐震性能が高く、断熱性能が高いです。 鉄骨で骨格を作るのが鉄骨造です。軽量鉄骨と重量鉄骨があり、重量鉄骨のほうが地震に強い傾向があります。AE剤を使ったコンクリート壁を組み合わせて、火災にも強くした住宅も多いです。